クーリングオフの法律

法律のクーリングオフ期間とは

法律で期間内解除可能

法律上の観点から見ても一度結んだ商取引契約を自分の都合で一方的に解除することは認めないのは当然のことです。しかし、全ての商取引にこれを認めてしまうと消費者が圧倒的な不利益を被る可能性があります。そういった不利益から消費者を守るために確立されているのがクーリングオフという制度です。自ら積極的に購入を考えていなかった物を訪問販売や電話勧誘販売などという形で言葉巧みに商品を買わされてしまったとき、後で冷静になって考えてみると不要だったことに気づくことがあります。そういったときに役立つのがこの制度で、法律的に契約が結ばれてから一定の期間内であれば無条件で契約解除を申し入れることができるのです。商取引において不条理な被害を受けないためにもクーリングオフについて詳しく知っておくことをお薦めします。

迷うのであればクーリングオフ

勧誘されて契約したけれど、よく考えてみればだまされているのではないか?欲しいと思って買ったけれど、冷静になると要らないものだった・・・。という失敗はありますよね。そんなあなたのもやもやする気持ちを救ってくれる法律がクーリングオフ制度です。冷静に考えればいらない、と思うということは、契約したときは冷静に判断できなかったということ。訪問販売などの勧誘の仕方だと、その場の雰囲気や熱に押されて判断力が鈍ってしまいます。契約内容に納得できないのであれば、あなたから一方的に解約できるのがクーリングオフ制度です。どのような時に使えるのか、どのような手続きをすればよいのかは法律で決まっていますので、確認しましょう。

↑PAGE TOP