法律でクーリングオフ

法律クーリングオフの改正とは

クーリングオフ法律の改正に注目

私たちの生活では多くのものごとが法律に基づいて行われています。買い物ひとつとってもこうしたルールにのっとって行われるものということができます。だからこそ知っておく必要があるのです。特に身近で私たちを守ってくれるルールについてはきちんと確認しておきましょう。クーリングオフはその筆頭といえるものです。手続きの仕方やどういった状況で適用できるのかなどについて知っておきましょう。こうした新しい法律については改正などもよくあるので、一度知識を入れるだけではなく、その都度確かめていくという事も必要になります。

消費者保護クーリングオフ制度

クーリングオフ制度とは、訪問販売、通信販売、電話勧誘販売等といったトラブルを生じやすい取引を対象として、商品購入やサービス等の契約締結後であっても、契約後一定期間の間であれば消費者が何のペナルティもなく一方的に申し込みの撤回又は契約解除をすることのできる制度のことです。これは、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律、特定商取引法により消費者を守るためのルールとして定められた制度の一つです。クーリングオフは書面で行うことが法律で定められています。もっとも確実な方法として、差出日及び意思表示を郵便局が証明してくれる内容証明郵便で行うことが多いです。

↑PAGE TOP