法律ネット販売とは

法律ネット販売でクーリングオフ

法律ネットもクーリングオフ適応

インターネット通販サイトを利用する消費者が近年爆発的に増加しています。ネットの方が安価な食料品が買える、ギフト券でお得な婦人服が買えると、今では普通の主婦の方々も挙ってネット販売の専門店を活用なさっています。99パーセントの専門店は、誠実なビジネスをしています。しかし残念ながら、極稀に粗悪品を消費者に送る業者がいます。法律にはネット販売で購入した商品やサービスにも、クーリングオフが適応されます。いわゆる販売店側のミスであればクーリングオフや交換の問い合わせに即対応してくれます。しかし、元々悪徳な業者だった場合は問い合わせをしても無反応だったりしますので、ネットのビジネスに詳しい法律家に相談した上で、適切な処置を講じなければいけません。

クーリングオフの使い方

高額な商品をついつい買ってしまった場合、法律によってクーリングオフ制度という消費者にとって有利な法律があります。ですが、たいていの場合、契約期間が8日間と短い間ですので素早く対応しなければなりません。また相手側がなかなか承諾しない場合もありますからこういった場合は書面で対応するのが記録にも残ります。この方法をとる場合は、郵便局による内容証明郵便、なかなか時間など取れないという方には、最近ではインターネットでもできる電子内容証明郵便なども利用できます。ですが、何度も利用できる制度ではありませんのでよくよく考えて買い物をしましょう。

↑PAGE TOP